自動車保険の自賠責保険の仕組みを知る

自動車保険は車のオーナーであれば必ず加入しなくてはいけないものです。
でも車は好きだけど、自動車保険のことにはあまり興味がないという方もいます。
自動車保険の保険料は年間に治すとかなりの額になりますし保障の内容もさまざまです。
きちんと自動車保険の仕組みなどのことを知って加入する必要があります。
自動車保険と一口に行っていますが大きく分けると自賠責保険と任意保険に分けられます。
自賠責保険とは自分のための保険ではなく事故を起こした場合に相手に対しての保障をするための保険です。もし事故を起こして相手の方が怪我をしてしまったり最悪の場合には死亡してしまっても支払う賠償金がないと大変な不幸です。相手の方に大きな損害が出てしまいます。もちろんお金だけでは責任は取れないのですが、最低限の保障をするためにも自賠責保険は必要です。ですから自動車を所有した時点でこの自賠責保険には加入しなくてはいけないと法律で決まっているのです。
万が一有効期限が切れたのに気づかずに自動車を運転していたら懲役一年以内可罰金が課せられてしまうので要注意です。
事故は誰もがわざと起こすわけではありません。交通事故はもちろん不可抗力ですがこうした保険に入っているのは相手の方も自分をも守ることになるのです。
事故を起こしてしまった場合に自賠責保険で保証されるのは最高4000万円までになります。
一見、この4000万円の保障は十分のように見えますが実際の裁判でこの4000万円を超える賠償金の判決が出たこともあります。
そこで必要になってくるのが任意保険です。任意保険は任意と付いているので入らなくてもいいのではないかと勘違いする方もいますがこれも必須な保険です。
こういった話を聞くと事故を起こさないように日々気をつけて運転しなくてはいけないと改めて思います。
保険を考えるときに自己の怖さを再認識して身を引き締めて再び安全に運転するきっかけにもなるのです。